>> top >> 邦楽部辞典
 【あ行】  【か行】  【さ行】  【た行】  【な行】  【は行】  【ま行】  【や行】  【ら行】







【あ】

 *アイス(愛す):某元邦楽部顧問が酔って、愛する妻にアイスと愛すをかけて発した言葉。
          言われた妻もまんざらではない様子だ。



【い】

 *いたい君:期待の新星。頑張るのよ、お母さん見てるから。



【う】

 *海鳥の詩:江戸信吾作曲。シー大邦楽部でよく演奏された。客ウケのいい曲。



【え】

 *M102:練習場所。21時まで使用可。しかし、人がいないと守衛さんに鍵を閉められることもある。
 *M104:練習場所。21時まで使用可。倉庫が近いため、M102より使用頻度が高い。
      なぜか忘れ物が多い。



【お】

 *オーロラ:吉崎克彦作曲。上海公演や各演奏会でたびたび演奏した思い出深い曲。
       尺八のパートは度々カットされる。どうやら尺八はいらない子らしい・・・。
 *お父さん:邦楽部のお父さん的存在の部員。



【か】

 *カットよ〜:曲を一部短縮するときの御言葉。まれに1曲まるまるカットすることも・・・。
 *かもめ:特急。お世話になりました。ちなみにこの名前の串焼きのお店もある。
      新入生歓迎会で使わせていただいた。



【き】

 *黄色いやつ:長崎県平戸市の銘菓カスドースを遠回しに表現する言葉。
          明治・大正・昭和天皇への献上菓子としても知られる。
 *菊の会:菊雅楽孝子先生主宰の神集団。箏・三絃・十七絃の腕前は逸抜。
       いつもお世話になっています。



【く】

 *クリスマスチャリティーコンサート:毎年12月、シーボルト大学大講義室にて開催される音楽の祭典。
                     邦楽部、吹奏楽部、虹太鼓の学生が中心となって催される。
 *黒髪:井関一博先生の演奏は神でした。佐世保市の地名ではなく、曲名。




【け】

 *けいおん!:神アニメ。青春ですね。唯かわいいよ、唯。あ、あと澪も。



【こ】

 *木枯:流祖中尾都山が作曲した名曲。某愛妻家は、この曲で2001年に全国制覇を果たした。



【さ】

 *SUN:Seibold University of Nagasakiの略称。



【し】

 *シー大:県立長崎シーボルト大学の通称。
 *尺八:竹に5つ穴を開けた楽器。リコーダーではない。
 *ジャンキー:練習好きな部員の集まり。
 *守衛室:西棟倉庫1のかぎはココで。行くと何も言わなくても、すぐ鍵が出てきます。
        顔見知りになりました。たまに耳寄りな情報を教えてくれます。
 *12時コース:練習後も大学に居座り、日付が変わるまで話していること。
           自販機の前で誰かが座り込むと12時コースかも・・・。
 *島津公:邦楽部部員。お箏を演奏なさいます。鹿児島ではなく大分出身です。
        また、“しまず”です。くれぐれも“しまづ”となさらないように。
 *島津キャッスル:島津公の住むお城。清香園からもお目にかかれます。




【す】





【せ】

 *清香園:焼肉ウマー(゜∀゜)―ユッケビビンバウマー(゜∀゜)―
 *セジュール:部員Mの住み処。しかし邦楽部員のたまり場。フランス語ではない。
         荷物を家に持ち帰りたくない場合はここへどうぞ。
 *瀬端ゼミ:邦楽部員NとFが所属するゼミ。アメリカの政治と外交の専攻である。




【そ】

 *装画:沢井忠夫作曲。魔性のメロディー。
 *倉庫1:邦楽部の楽器や備品を収納している場所。湿気対策は欠かせませんッ!!